コフレドール

コフレドールについて紹介します。



カネボウ コフレドールはその名のとおり、キラキラと輝くイメージがあるようです。



しかし、コフレドールが打ち出しているイメージはただきらびやかなだけではないんですね。


コフレドールのイメージは落ち着いていて、何かを秘めているような、どこか奥ゆかしさがあるイメージがコフレドールにはあります。




そんなイメージのコフレドールの化粧品で、20歳から30歳代前半をターゲットにするのは結構難しいのではないかと思います。



コフレドールを買う側にとってはそこが醍醐味のあるところなのかもしれません。











資生堂のマキアージュの宣伝も同じような効果を狙っていたみたいです。

でもコフレドールのほうが大人向けという気がします。


正確に言うと「大人向け」ではなく「大人の雰囲気を持った人向け」ということですが・・。



つまり、30歳代でもしっとり落ち着いたというより未だに初々しさが残るような人(それはそれで魅力なのですが)は少々イメージが違うかもしれません。




コフレドールのイメージキャラクターは5人ともとてもきれいで雰囲気がありますが、一つだけ感じたのは、「一人くらいショーとヘアの人がいても面白かっただろうな」ということです。



つまり、コフレドールはカラーバリエーションが楽しめるだけではなく、いろいろ実験してみる余地があるという意味でも面白そうだと思うのです。イメージキャラクターを参考にしましょうね!








カネボウ化粧品といえば、ポイントメークブランドの「テスティモ」とベースメークブランドの「レヴュー」が有名です。


既存ブランド「テスティモ」と「レビュー」は順次縮小していき、コフレドールにブランドを統合していくことになるようです。



コフレドールの特徴は、新素材の採用にも見つけることが出来ます。



ルージュやアイシャドウ、チーク、グロスに配合される「透明パール」は透明性が極めて高く、色感を引き立たせるだけでなく奥行きを演出。


コフレドールなら立体感のある仕上がりが生まれますよ!


ぜひ、一度試してみてくださいね^^